講師紹介

✾幼児・小学生英才教育クラス、音楽高校大学受験専門クラス

ヴァイオリン科担当 吉川 朝子

yosikawa桐朋学園高校・大学に学び、桐朋弦楽アンサンブルメンバーとして渡欧後、東欧、西欧、ソヴィエト等36ケ都市演奏旅行後、故ファザーノ氏の招きでイタリア国立サンタ・チェチーリア音楽院にてステファナート氏に師事。
優等で卒業後、同音楽院マスターコースにて、ソロをP・カルミレッリ氏に、室内楽をR・プレンゴラー氏に師事する他、シェリング特別生となりデュオを学ぶ。その間、シエナ・キジアーナ音楽院にてティポー・バルガ、ロレンツイ氏にソロ及び室内楽の指導を受ける。

各コースにて優秀な成績を修め、マスターコース修了の折、チェチーリア音楽院創立以来、弦楽科ソリストコースでは初のフルボードプラス栄誉賞を授与され、クルクィーニア音楽祭のリサイタル。ヴェニスのオペラ座ラ・フェニーチェ劇場にて、ベーター・マーク指揮のもとにコンチェルトデヴューを飾る。

ティボーバルガ国際コンクール特別賞受賞ヴェルティオージ・ディ・ローマ合奏団メンバーとしてコンサートをするなどアンサンブルの面でも活躍後、帰国。84年まで、東京ゾリステン・コンサートマスターを務め、現在、東京管弦楽団コンサートマスター、ソロ、室内楽、現音コンサート、客員コンサートマスター、他、リサイタルトリオなど年間数多くの演奏活動をし、活躍しているとともに又、モンテ・フイアスコーネ、ピェディ・ルーコ等の国際音楽祭のレギュラーゲストとして、教授及び演奏家としての活動は93年、イタリア国営テレビにて放映される。

桐朋学園音楽教室講師、山岸学院講師として後進の育成にあたっている。

✾趣味・教養のクラス

ヴァイオリン科担当 大谷桜子

横浜雙葉高校卒業。東京音楽大学を経て、同大学大学院修士課程を修了。第7回蓼科音楽コンクール第3位。モーツァルテウム国際サマーアカデミーに東京音楽大学の短期留学奨学生として参加しピエール・アモイヤル氏のクラスを修了。
これまでに山元操、山中光、嶋田慶子、吉川朝子、大谷康子、海野義雄の各氏に師事。
在学中より数々のオーケストラに参加しており、第三回東日本大震災復興支援チャリティーコンサートでは東京音大シンフォニーオーケストラのコンサートミストレスを務めた。

また、これまでに小田急マンハッタンヒルズコンサートや明日館ランチタイムコンサートなどに出演しソロでも活動する他、スタジオでのレコーディングなど、幅広いジャンルでの活動を行っている。

ヴァイオリン科担当 舟久保優貴
千葉県出身、桐朋学園大学音楽学部卒業。
第6回蓼科音楽コンクールin東京弦楽器部門奨励賞。
第13回、16回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門入選等。
蓼科音楽祭、イタリアのピエディルーコ音楽祭、マスタークラスに参加。
これまでにバイオリンを吉川朝子、加藤知子、久保良治各氏に師事。
室内楽をエマニュエル・ジラール、藤原浜雄各氏に師事。

ソロやオーケストラでの演奏、スタジオワークなど、クラシックからポップスまでジャンルを問わず活動している。

チェロ科担当 吉田愛
桐朋学園大学卒業。チェロを銅銀久弥、室内楽を田崎悦子、藤原浜雄、徳永二男、エマニュエル ジラール、各氏に師事。モスクワ音楽院セミナーにてイーゴリガブリシュ氏に師事。アンリドマルケット氏のマスタークラスを受講しディプロマ所得。

第11回セシリア国際音楽コンクール 室内楽部門 第2位ならびに審査員長賞を受賞。
第21回蓼科音楽祭 『蓼科音楽祭賞』受賞
日本弦楽指導者協会 正会員

 

ピアノ&楽典ソルフェージュ科担当 澤田 和音
DSC_2230a東京都出身。3歳よりピアノを始める。桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。
東京藝術大学大学院音楽研究科修了。同大学ソルフェージュ科のティーチングアシスタントを務める。
全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部入選、彩の国・埼玉ピアノコンクールF部門入賞、チェコ音楽コンクール全音楽譜出版社賞受賞。
これまでにピアノを秋庭津代子、松岡貞子、玉置善己、平井丈二郎の各氏に師事。
ソロ、室内楽、伴奏の分野において活動しながら、後進の指導にあたっている。日本演奏連盟会員。日本ソルフェージュ研究協議会正会員。

ピアノ科担当 三宅麻由
東京音楽大学卒業。第31回、34回愛知ピアノコンクール 二台ピアノ部門 銀賞。第12回北本ピアノコンクール大学生の部 入選。第17回大阪国際音楽コンクール デュオ部門 入選。第33回クラシック音楽オーディションに合格し、新進音楽家フレッシュコンサートに出演。

これまでに米谷治郎、渡辺容子、佐藤俊の各氏に師事。現在、板橋区演奏家協会会員。